プジョー307SW!

 

幸太郎です。

総会シーズン突入ですね。

頑張りましょう!

さて、延び延びになってた修理!(すいません)

プジョー307SWです。

走行後アイドリング状態で水温上昇。

電動ファン回らず⇒AT油温も上昇。

ATシフトショック大! っという症状。

さっそく症状確認。

なるほど・・・。

まずは、ちゃんとした水温になってるかどうか。

サーモスタットの交換は必須です。

(8万㌔オーバーなのでオーバーヒート予防)

 

その後、電動ファンをコントロールしているレジスターを点検。

分解、分解。

導通していないといけないところが導通してません。

ここに付いています。

部品注文し、しばらく放置。

新旧比べる。 少し形が違う。 対策品か!?

 

車に取り付けて

再度、確認。 今度はテスターで。

90℃くらいまではすぐに上昇!

そこから渋滞でのアイドリングを再現。

いつものテストコースを激走!

戻ってきてからアイドリングで様子をみる。

108℃でファンが回りました。数秒回って停止。

水温100℃くらいまで下降。

プジョーに問い合わせすると、これで正常らしい。

ファンスピードにハイとローがあるはずだが、

ローが何度で回るか、データがないらしい。

対策品?のコントローラーを信じて終了しよう!

洗車して・・・・

 

おわり。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA


この記事を書いた人

代表取締役・整備士・検査員
中尾 幸太郎
Kotarou Nakao
Message

お客様の笑顔のためにがんばります!

その他の記事

今年もあと2ヶ月・・・

たまには、こんなお仕事も・・・

メルセデス 修理!

準備!

最近の記事

今年もあと2ヶ月・・・

たまには、こんなお仕事も・・・

メルセデス 修理!

準備!

趣味・・・

最近のお仕事・・・

再開・・・

新年明けましておめでとうございます。

2018年も無事に終了しました!

キッスFM 神戸! で棒読みします!

本物の但馬牛!

任された以上は・・・・

ページトップへ